徳島❀優しさ&美味しい物語♪学会を終えて

徳島空港(徳島阿波おどり空港)空色が素敵で印象的でした。

 四国大学で出会う徳島美味しい物語♪~
 ランチョンセミナーで美味しいご馳走を頂きました。お弁当箱の中に徳島の名物の御馳走をセミナーを聞きながら頂く至福の瞬間でした。徳島県産すだちの美しい香りと炊き込みご飯が心を和ませてくれます。揚げた魚の衣にすだちがたっぷり~酢の物にもツン~とくるお酢のお味よりさわやかな果汁のうまみと甘みが疲れを癒してくれます。

 学生たちの美しいおもてなし、さすが四国大学だな~と世界から優秀な学生が集まる国際的で素敵な大学でした。広い学内!迷子になりそうで声をかけると、なんと太陽のような笑顔でサポートをしてくれたのです。さすが四国大!~

 参加されている多くの研究者たちの案内もさりげなく、一つ一つ気配りや心配りが3日間の疲れが雪解けのように消えました。少々甘い卵やき~懐かしいお味がします。

(一般)日本家政学会第71回大会・ランチンセミナーでのお弁当箱
駅前の商店街・特産物で印象的なのはすだち果汁
大学から空港まで走るタクシー運転手さんのお声が素敵で心優しい方でした。大きな荷物も空港までの徳島もの語りまで素晴らしいお心使いに感謝

 青空が素敵で美しい徳島での3日間でした。沢山を学び、素晴らしい出会いは素敵な経験となり東京に向かいます。日常の仕事を愛し、疑問と実験を繰り返すひよこ研究者の特別な体験であり良い美旅でした。また来年も元気な姿で学会の皆様とお会いすることを心より楽しみにしております。

「一般社団法人日本家政学会第71回大会」が開催され研究発表をして参りました。

令和元年5月24日(金)~26日(日)の3日間、四国大学にて「一般社団法人日本家政学会第71回大会」が開催されました。「徳島から発信する家政学の新しい潮流」がテーマでした。日本家政学会大会では、公開講演会やシンポジウム、教育講演が行われていました。多くの参加者で大盛り上がり、新しい発見や研究者たちの熱い想いが感じられる素敵な大会でした。広くて素敵な四国大学、門を入ると大きな学問の世界が広がります。

 今回、「ウィッグ装着が心の健康に及ぼす効果を探る」のテーマで日本かつら協会との共同研究発表をして参りました。輝きながら生きる女性の基本は、“こころ”と“からだ”が 健康で美しいこと です。ソダジマ人間生活科学研究所では、女性が未来に向かって輝いていけるよう、生活を多角的に分析,研究しています。

 日本かつら協会との共同研究は「美の社会貢献」を考えた大切な一歩でした。特に医療用の「メディカルウイッグ」では抗がん剤を使用している状況での着装者が急増ているこの時代、着装感だけでなく,今後考えて行くべき課題を見つめた非常に大事な研究でした。またウイッグ使用者の体の変化や心の変化で大きなヒントを得ることが出来ました。

 特に現代社会では、自分の能力を発揮して活躍する女性の姿を見る場面が増えつつある一方、一般的に、男性とは異なる側面での制約や犠牲を強いられる部分が多く、これらが日常的な緊張感やストレスへ繋がることも現実であります。
 本研究では、緊張感やストレスを女性らしく緩和する方法を探るために、ウィッグ装着が心の健康に及ぼす効果を検討してみました。


(一社)日本かつら協会2019年5月、家政教育領域にて共同研究発表。代表理事 伊江邦男様

 自分の姿やキレイな自分を見つめる瞬間、体の中には大きな変化が訪れる。その瞬間の「見つめ美」を科学し、数値化し理解を深める目的があります。美しい自分を見つけ出したその瞬間、心もリラックス状態に入り、筋硬度の変化を読み説くことで、僧帽筋の筋硬度は左右ともに装着後に有意に低下しました。
 特にストレスの測定でも日常の疲れや仕事からくるストレスも緩和することが唾液アミラーゼの低下傾向で分かりました。アンケート調査においては、似合い度や周りからの評価とは別に、気分転換、ストレス解消、気分の高揚、リラックス化に対して高得点であり、ウィッグを装着してみることを肯定的に受け止めていたこともわかりました。
 ウィッグは医療用としての役割はもとより、ストレス緩和をはじめとした心の健康のために効果的な使用が可能となると考えられた大事な研究でした。本研究は輝き働く多くの女性はもちろんのこと、闘病中の多くの患者様の心の健康のために、若手研究者の熱意ある研究は続きます。

ウィッグ装着が心の健康に及ぼす効果を探る

目的 現代社会では、自分の能力を発揮して活躍する女性の姿を見る場面が増えつつある一方、一般的に、男性とは異なる側面での制約や犠牲を強いられる部分が多く、これらが日常的な緊張感やストレスへ繋がることも現実といえよう。本研究では、緊張感やストレスを女性らしく緩和する方法を探るために、ウィッグ装着が心の健康に及ぼす効果を検討する。
方法 緊張感を伴う場である「2018ミス・アース・ジャパン ビューティトレーニング」において、著者による講義への出席者のうち、7名(満19歳~25歳、平均21.7歳)を対象とした。ウィッグ装着直前に僧帽筋の筋硬度測定および唾液アミラーゼ測定を行った後、ウィッグ(黒色系のショートヘア)を装着して聴衆(講義受講仲間)前をウォーキングしてから、自分の姿を鏡で確認した。次に、装着後の筋硬度および唾液アミラーゼ測定を行い、講義終了後に質問紙調査を行った。
結果 僧帽筋の筋硬度は左右ともに装着後に有意に低下し、唾液アミラーゼも低下傾向を示した。質問紙調査においては、似合い度や周りからの評価とは別に、気分転換、ストレス解消、気分の高揚、リラックス化に対して高得点であり、ウィッグを装着してみることを肯定的に受け止めていた。以上より、ウィッグは医療用としての役割はもとより、ストレス緩和をはじめとした心の健康のために効果的な使用が可能となると考えた。

(一社)日本家政学会 第71回大会研究発表要旨集より(2019年5月、家政教育領域にて共同研究発表) 

Smile Project 스마일 프로젝트

一般社団法人 日本かつら協会では、高校生以下髪の毛がないお子様に対して、「いつも笑顔でいてほしい」という思いから「Smil Project」を発足。社会貢献の一環として、お子様へ最高品質のウィッグを無償で提供させて頂いております。

幼いお子様だからこそ心に響くストレスは表現できない苦しみに繋がるものです。

お子様にとって、思春期に頭髪が無いことは、身体的苦痛と内面的苦痛の両方を抱え,毎日学校へ行くことが辛くなります。ご病気をされたり、事故に合い思わない体と精神的ショックで髪の毛を失う場合もあります。しかし、デリケートに行動範囲を狭めてしまたり、心が前向きになれない、心の叫びが胸深く悲鳴で聞こえてくる時があります。幼いお子様からこそ心の響くストレスは表現できない苦しみに繋がるものです。

皆と違う姿で苦しい経験もあれば、いじめの原因となるケースもあり、お子様とご両親にとって、大きな問題となります。美はキレイだけでなく、心も健康である時に生まれるもので、私が今まで経験してきた現場での経験と学びを通じ研究を重ねた美の世界を必要とされる可愛いお子様達の無言の叫びにお答えようとしております。同じ気持ちで集まった美の匠達と研究者たちがその想いを大切にし、今後の研究に生かせようとしております。

日本かつら協会では、会員の皆様からの会費とマスターズプランナー(株)様による製品のご提供により多くのお子様に「笑顔」をご提供することが可能になりました。SODAJIMA生活研究所も白髪交じりの研究者の集まりとして,多くの医療かつらの開発と心が健康になるかつらを科学して参ります。より多くのかつら着装の方々の笑顔にお役に立ちたいと願っております。

日本かつら協会ホームページからご覧になれます。

https://japan-wig-association.org/

美味しい美旅(王様と薬膳料理)

王様と糖尿病~王様が愛したサムゲタン~#IN韓国ソウル
夕飯はサムゲタンで美肌食~王様が愛した食べるお化粧品

韓国の美旅は女性にとってはカタルシスのような存在
心理的にも精神的にも美しいファションがあり、美味しいお料理があり、時々静かに考える時間を与えてくれるお茶の文化もあるソウルはココロスッキリ、元気になる魅力があるかと思います。


いい天気でした。
食事を待っている間軽く散策も楽しみました。

サムゲタンは夏に食べる食べ物で本来はかなり美肌食でした。
韓国の歴代王様は数多く糖尿病の患う王が多かったようです。
その結果毛細血管が弱くなり、血液の流れが悪く,色んな疾患に悩まされたようです。

スープンとお箸文化韓国

栄養と共に酸素も運んでくれる血流が滞り、お肌には吹き出物やかゆみ・乾燥により感染やストレスが多かったようです。
お肌が弱く、肌代謝も弱まるという、現代人の糖尿病の症状と大差ない大きな悩みの一つでした。

かぼちゃスープから~

そこで宮廷の中ではお肌の鍛える方法でお化粧品やケアの方法も医者により研究され、美肌は健康のバロメータとも考えられていました。
温泉治療もかねて、王様がお肌を鍛えるため、免疫を上げ肌代謝をアップするための食事療法で始まった食事治療法は現代人にありがたいサムゲタンと言う食文化を残してくれたのです。

美肌マダムこそ食べて鍛える美容術も一つの知性を鍛える武器
キムちゃんが研究している研究分野でもあります。伝統美容を科学する事で
なぜこのようなお肌になっているのか?
なぜこの肌の問題や体の問題が起きているのか?
現代の理学的観点・目線から分析し、見つめると伝統と言う歴史の中のヒューマニズムと科学を感じます。
昔の人は偉い!!~
皆が言います。
今より何もなかった時代に誰かが人より悩み、考え、研究し、探し出した宝のようなものを現代の私達に与えてくれた気がします。

サンムゲタン一つの器に韓国の食文化が生きている気がします。治療のため温泉をしながら多くの学者が集まり考え出した薬学・調理学・栄養学など様々な匠の技をありがたく簡単に頂くって~申し訳ない気がしました。

でも~~^^ま~いいか

美旅!!学び♪考え!鍛え直す女子の美旅は
美味しくいただき、自分の今を未来に生かすエネルギーの充電時間❤~

これからもキムちゃんの美旅を江戸で頑張っている姫達に伝えて参ります。

より美しく輝く自分の未来へ
心のお化粧❤~キムちゃんの美旅は続きます。

心もお肌も鍛える
美肌マダムの美味しい美旅
つづく・・・

美嫁たちのキレイ磨き~ダイエット&痩身ケア

太★二の腕&逞しい背中ムダ肉との深い関係!!

キャビンアテンダント(CA)と肩こり&腕太を科学しました。

花嫁様にとって二の腕&背中ラインはドレスアップの命!!
その技は江戸中~噂が広がり、ある日♪~面白い実験を行いました。

花嫁様のお悩み改善も良いが空を飛び美しいCAさんの制服に映る太い二の腕や肩の痛みのお悩みのお声を聞きその悩みを解明したくリケ婆キムちゃんの研究チームが動き始めました。

成田や羽田で見られる飛行機会社4社15人CAさん【国際便】の協力を得て徹底的に細くて美しい二の腕と背中を目指し分析を始めました。
お悩み深いプレ花嫁にはかなり意味があるブライダルエステでは珍しい&面白い実験になりました。

6ヶ月かけての実験は意外な面でも良い結果に繋がり、お仕事上の体が感じる疲れだけでなく、精神的疲れも体に及ぼす影響は大きく、深刻なもので環境的疲れを理解することは必要で、非常に重要です。

研究室の仲間は
「皆は笑うが機内持ち込み荷物をCAさんになるべくお願いしない!! 自分がやる」
とみんな声を揃えます~ ・・・((´∀`)

太い!二の腕の原因は?
腕の疲れは太い二の腕を生み出し、硬くて痛くなり、その機能がますます低下します。
楽しい笑顔も痛みで消えてしまう、少々ハードな仕事ではないかと思いました。

最近CAさんだけでなく、パソコン中心の仕事が増えている現代!
平成25年度国民生活基礎調査(厚生労働省)よると
「肩こり」を訴える人々は非常に多く、有訴者率は女性では1位、男性では2位となっています。

私たちを悩ませる「肩こり」は、何故起こるのでしょう?
(身体疾患によるものは別にして、)一般的に、「姿勢が悪い」「運動不足で筋力が低下した」「不適切な運動を行った」「過労」などで筋肉に負担がかかりすぎると、筋肉は緊張をして、血行が悪くなってしまいます。不安や緊張によっても、同様に筋肉が緊張し、血行が悪く成ります。
肩こりは痛みだけでなく背中・二の腕の太さまで変わってしまい、二の腕が無駄な筋肉が付き過ぎ太く見える結果にもつながります

その結果、血液が運搬する酸素や栄養が不足して、痛みやだるさが生じて、「肩がこってしまった」となるのです。さらに、二の腕は決められた方向の動きが繰り返されると、ますますその疲れは腕に溜まり太さを増していくのです。
このことから「肩こり」になってしまった場合には、筋肉の緊張をやわらげることや血行を良くすることが必要だがここを良く理解してする必要があります。

資料提供 美嫁T様・ドレス試着から挙式までブライダルケア3ヶ月変化資料提供に感謝

しかし、現状の腕や背中の状況に合わないハードな筋トレや負荷をかけたり、機械で勝負しようと良い結果に繋がらない方法の選びはドレスの最終試着まで間に合わない場合があります。

美嫁たちの脱!ストレス♪ブライダルケア
続く・・・


美嫁の初!出産

生れました^^~
嬉しいお便りが届きました。

可愛い赤ちゃん❤~ラブラブの誕生は花嫁様達やスタッフも喜ぶ最高のお知らせ

子宝サロン!!
今日はお祭り騒ぎ❤~です。
結婚式から~妊活♪~マタニティ~そしてママになるまで初の出産まで見守るのがブライダルサロンの役割です。

その幸せを一緒に支えてくれているスタッフや、これから結婚式であるプレ花嫁様達の目にも先輩花嫁の奇跡が自分の事のようで祝ってくれて 皆❤~大喜び!!

愛情と言う健康サプリは子宝サロンの奇跡を産む大事なエネルギーなんです。

今週は男の子が生れました。
おめてとう♪~^^
はじめまして^^赤ちゃん
ママはもう少しで50代に突入!!

赤ちゃんとママの年齢差は50年!!ラブラブ!
40代最後の夢が叶えられた子宝サロンの奇跡です。

ママが出産前に最後のマタニティケアを受けに来てくれた時、大きなお腹を両手で支えながらプレ花嫁にエールを送る姿^^
次はあなたよ~と

幸せのバトン♪~譲り
先輩花嫁からの幸せのお裾分けが美しく見えます。

一般的!陣痛は長くかかるものだと言いますが、
ひよこママちゃんは7時間の超ラッキー安産@~^^出産でした。

お医者さんも不思議に元気だね。
ママ若いですね。
何をしたの?!と目を丸くされたようです。

いつも一言で
キムちゃんだよ~先生
キムちゃんのマタニティケアだと答えると~

先生は、
「こんな安産で子宮の回復も驚くくらい早い!!わ!びっくり~」
幸せなお知らせでした。

今までと違う忙しい社会環境の中で、女性は結婚後大きな選択を前に悩みますが、私は育児も仕事も両方欲張れる選択があることを、花嫁に伝えております。ブライダルサロンとは結婚式まで送り出すだけのところではなく、女性にとっての本当の幸せな結婚を教えているところだと思います。

偶然の妊娠を待っているのではなく、導いてあげて、磨いてあげて、はじめての経験で学べる生活の美学を伝える場所!!花嫁にとって長い人生を生きる一番大切なスタートラインではないかと。

より多くの女性が健康で美しく、自分らしく過ごせる事が出来るのであれば、育児や仕事・夫婦関係も含めてより自分らしくありたい姿で生き方が出来るのではないかと思っています。

男女の差はないけど男女が持つ特々の存在感と理解力があれば、夫婦の幸せの厚みは厚く、深く、美味しくなっていく気がします。

健康でキレイなママとして
賢い奥様として
美しい花嫁として
一生涯「結婚」~と言う旅を楽しめるような気がします。

おめでとうございます。
ひよこママちゃん

【闘病中の医療かつら】一緒に考えませんか?美女たちの心が元気になるかつらのお話し

美嫁の心が元気になるかつらのお話

誰もが経験するかもしれない~だから一緒に考えたい

もし、あなたにも・・・

これから体の変化や薬の副作用が起きるかもしれない~と医者から告げられたら貴女は何を考えますか?

(写真提供・M様 かつら着装の女性のための~研究支援をしてくださいました)

様々な記憶の中で、悲しみと苦しみのため絶望に落ちる瞬間があるかと思います。

ある日、乳腺外科仲間の知人から乳がんで戦っている女性患者さんのために、キムちゃんの美の研究がお役に立てるのでは~
大きな悩み解決のための医療現場を見せて頂き、頑張っている多くの方々に胸深く打たれた記憶が~・・・
医療現場では多くの女性達が病気との戦い以外に、外面的、美的悩みにさらされ苦しむことが多くあると聞きました。
病気だけでも苦しい戦いなのに、その後に来る外面的変化が心を襲う!~患者さんの心の健康が回復にも大きく影響する。医療現場では、そのことが大きな課題&宿題!!でした。
治療だけでなく精神的な面も美容的な面も考えてくれるお医者様こそ真なるお医者様だな~と心深く思いました。
「以前の生活と変わらず、以前の自分と違わないオシャレをする」
心が健康になり、気持ちよく過ごせる快適で可愛いオシャレを考えることが大事だと思いました。病気を理解し、治療段階で起きる現象も理解しづつ、近い未来の自分を受け入れ、勇気をもって戦える闘病生活を~
特別ではない!誰もが経験するかもしれない事であるからこそ一緒に考えたいテーマではないかと~研究チームたちとの会話が厚く燃える日々です。
前もって準備することも戦って行く自分への贈り物としてお気に入りがあると勇気付けられるのでは~と

ストレスフリーで心が元気になれるかつら、美の意識が高い女性のためのかつら、美的アイテムとして、その研究に心を燃やしております。

美女たちのかつら話は
続く・・・



Introduction「美と心と健康」美を科学する

美と心と健康を科学する♪~
心が元気で美しくなる美の世界♪
その美の世界を科学します。

女性が美しくキレイになる瞬間、体には大きな変化が訪れる。
その大きな変化は心のエネルギーつながり、今、今日を頑張れる原動力になる。
その瞬間を見つめて来た、現場の仕事人として美しい変化を読み解く時間は未熟なヒヨコ研究者の心に火が灯る瞬間でもある。

研究室での無限の好奇心が放す未知への世界
美しくなる瞬間たどり着くキレイと言う美の世界。
生活をより豊かに、心の健康を磨く一つの魔法使い

今日もヒヨコ研究チームの実験や暴走は続き、小さな針の揺れや心拍の変化に無限の可能性を感じるこの頃。
多くの女性の美と健康に♪笑顔に貢献したく、白髪交じりのヒヨコ研究者たちの日々を語ります。

ミス・アース・ジャパン2018輝くファイナリスト 日本代表グランプリ♬MEJビューティートレーニング

 ミス・アースは、世界4大ミスコンテスト(ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・アース)のひとつで毎年開催されています。ミス・ユニバースをはじめ、最近は多くメディアに取り上げられることも多く、知っている方も多いかと思います。

 ミス・アース・ジャパンに選ばれる美女たちは、地球環境問題を訴える社会的活動及び世界晴れ舞台での活動が主なテーマであります。毎年、ミス・アース・ジャパン代表を選ぶ大会は東京で開催され、日本全国47都府県の代表がファイナルリストとなり、東京でビューティートレニングが始まります。毎年11月に行われる世界大会のため、6月末から7月にかけ美女たちの学びと磨きに熱が入ります。

2018年7月ビューティーキャンプでトレニングの担当をさせていただきました。

参考資料2018ミス・アース・ジャパン授業風景

活躍場が世界舞台であるため、美と健康をテーマに基礎からhighレベルの美学まで学びます。もちろんお肌管理だけでなく、各分野の専門家達から国際教養や国際的マナー・歩きなど自分を磨きプロヂュース出来る美学を学びます。多くの分野に徹底トレニングを行けます。

私が担当する分野は最も大事なテーマである心の美学であります。ポジテーブに過ごす毎日のための入り口~美の磨き術!基礎お肌のケアはお肌や体に起きる生理的現象,非常状態に合わせたセルフメンテナンスケア術は日本代表になるだめだけでなく、世界どこでの活躍でも自分の美の世界をプロデュースする最高の技につながるからです。
どんな時でも笑顔で輝く活躍には欠かせない大切な知識であり、国際人としての教養の部分でもあります。日本を代表し、世界に羽ばたくファイナリストたちの特訓が始まりました。

参考資料キレイ磨きは心もポジテーブにさせる魔法の薬♬その基本である皮膚科学を理解💛美肌作りを伝授

ステージこと変わる,テーマに合わせたメイクの直しや疲れに負けない自己表現力には
むくみやくすみを感じさせない~お肌のスペシャリストを作るのです。
ただ学ぶのではなく、教材を用いた実践教育もあります。ビューティトレーニング期間中実験も伴い、お肌を育つ楽しさもあり、今まで悩んでいた肌悩みも改善しながら美を鍛える!この時間はお互いに燃え上がります。

参考資料ミス・アース・ジャパン2018美女たちのキレイ磨きの秘密♬鍛える美容を伝授

 一所懸命で、輝く目線は未来を向けている!指を動かす流れやタッチさえ逃さず! その集中力は素晴らしいものです。一人で何でも表現出来るよう世界レベルの美肌を作るのです。メイクになれないまだまだ若い世代でのファイナリストたちはお金をたくさん使い美を作るわけではありません。

美は鍛えるもの!
女性としての衛生的で美しく自分磨きを学び、毎日繰り返す努力が 実を結び世界の舞台に立つ実力につながるのです。

美は鍛えるもの!生まれ付き永遠の美女はいない!

 トレニング中,ちょっとのお休み時間でもファイナリストたちの学びたい情熱は冷めない!トイレタイムさえ惜しみながら!床に座る姫もいれば~ヒールを抜いて目線を合わせて聞いてくれる可愛い姫もいる。私たちのキレイ磨きはお互いに競争者でもありながら、学び塾♬同士での温かみもそろえた最高の仲間♡~女性の美しい輝きを感じる瞬間です。

ドレスラインを演出する中で、お顔だけでなく二の腕や背中のラインは美女たちが気になるところ♬休まず無我夢中のトレニング姿は非常に熱心!!キレイな毛穴は美しいラインを演出できる★セルフケアは場所いらず必見です。