美の社会貢献 闘病中患者様のQOLアップを願いながら

今までなかった大雨や台風は大きな爪痕を残し、自然の恐ろしさを目の当たりにしました。これらは自然と共に生きる人間たちに考えねばならない大きな課題を与えてくれました。ミス・アース・ジャパン2019ビューティトレニングで出会った多くの美女たちが、地球の自然保護や自然や人間にやさしい環境への想いを一緒にしております。世界に羽ばたきながら、美をリードする影響力ある存在として、その美しい自然の中に生きる人々のために、ヒトにやさしい物つくりや生活を守る必要性を一緒に考えておりました。

闘病中の患者様のQOLアップを願いながら
ウィッグには医療用(病気による脱毛をカバー)としての役割はもとより、緊張やストレスから解放して“心の健康”を保つ効果も認められました。*1。そのウィッグが持つストレス緩和は一般生活に戻られた時こそ、大事になっていく大きな存在であります。精神的健康の大事さもわかり、日常生活を楽しむことが出来る重要な要素であることが分かりました。つまり、以前の自分らしく、外見的満足度は安心につながり、積極的な行動や生活での満足度が深まる結果につながることがわかりました。*1

美女達の心深い想いは患者様の気持ちになり~
日本の美をリードするミス・アース・ジャパンの美女たちと共に考えるウィッグの精神的貢献度は大きなものである!これこそ患者様のQOLアップに直結する大事なことであることを共有できた気がします。
 その中でも外見だけでなく、装着時のウィッグの内側環境は最も使用者の心に影響し、使用感についてはじっくり考えなければならなりません。今回、美女たちと闘病中の患者様にやさしいウィッグの衛生管理を一緒に考えました。
 何が自然に優しいのか?何が人間にやさしいのか?その優しさは生活の中で不快感なしでの満足度を得られることは出来ていることなのか?美女たちの高い美意識を闘病中の患者様の気持ちになり、ウィッグを被ってみたり、同じメンテナンスケアを行ってみたり、 彼女たちと共にウィッグの知識を得ることにしました。少しでも闘病中の患者様が堪えている不快感を正しく伝えることが私たちこそ出来る!美の社会貢献ではないかと~みんなの気持ちや思いをお伝えしたいと思います。

闘病中の方々へ~メッセージを預かりました。
 石川県代表の彼女の美しい心からのメッセージをご紹介したいと思います。病気との戦いの毎日。希望と夢に向かう小さな時間をふるえる両手で集めながら大事に過ごしている闘病中の患者様の前に感じていた想いを語ってくれました。医療関係の仕事の経験があり、医療現場での想いや多くの素晴らしい力強いお言葉をいただきました。

私は看護婦をしておりました。
抗がん治療を受られ、苦しんでおられる患者様を前にして、何にもできない自分に自責の念をいだくこともありました。
一日も早く、今日学んだQOLアップのためのメンテナンスケアやウィッグが世界中癌患者様に広まり、一人でも多くの人に笑顔を届きますように・・・

目立たない小さな声!MEJ私達がお伝えします。
 世界に羽ばたく多くの美女たちの心の願い、そして美をリードする立場として闘病中の患者様の外見的美的追及は勿論のこと生活の中でのQOLアップを願っています。医療ウイッグ研究内容の授業を通じ、ウィッグの内部環境を理解することが出来て、より多く患者様のための笑顔と、衛生的により人にやさしい製品開発が美を通じた社会貢献とつながっていくことを願っています。素材や作り手の優しさと使う人の満足度が高い製品こそ、人の心を元気にしてくれるQOLアップの基本ではないかと思います。派手なパフォーマンスはないけど、同じ女性としての普通の姿でありたい!目立たない小さな声!MEJ(ミス・アース・ジャパン)私たちがお伝えします。

ミス・アース・ジャパン美女たち
美の社会貢献
つづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です