ウイッグ着装によるむくみについて考える

 何かの原因で髪の毛を失い、闘病中に止むを得ずかつらの使用を選択することがあります。ストレスが多い現代では、抗がん剤による脱毛だけでなく、更年期に伴う様々なストレスから生じる脱毛現象。急な外見の変化でウイッグを使用する女性が増えています。

ウイッグ選びには髪の形や色・長さなど☆外見を中心にウイッグを選ぶ方が多いのが現状
しかし、私が注目していることはウイッグの★内部です。ウイッグは意外に体にかかる負担が大きく、長い時間を使うことで顔や頭周囲にむくみが生じることが分かってきました。オシャレで被る帽子と違い、頭部に接する面積も広いため血流の低下により、頭・首・顔周辺に大きな負担がかかります。特にウイッグで使用するネットは、その圧迫感や締め付けがきつくなると終日痛みを感じ痛い状況の中で過ごすことになるため、疲労は増していきます。

ウイッグで内部で起きている現象と外見の変化を研究しています。
ウィッグはどれくらい重いものだろうか?!どれくらい圧力がかかるだろうか?!どれくらい筋肉に影響を及ぼすものなのか?!ウイッグの中で起きている現象やそれに起因する体の変化を研究しています。その中でかつらによる頭部から顔面にかかるむくみを解明したく圧力テストを行いました。ウイッグの内部を数字化すると、体にかかるウイッグの圧でストレスが非常に多いことが分かりました。

 ウイッグの皮膚への圧迫による影響はヘルメットよりも大きく、頭部の広い範囲で受けていることがわかりました。ウイッグのズレを予防するためネットの圧力負担も重なり疲労度が増す原因になっています。圧力により頭皮の血流が低下しむくみの原因になるため、長時間着装の場合、非常に精神的疲労に繋がっていることがわかりました。

特に闘病中の患者様の体の負担は、一般のウィッグ使用者と比べることが出来ないくらい精神的、身体的疲労度は大きく考えられます。

Lifesciencelaboratory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です